npo401k

トップページ > 資料レポート一覧 > 確定拠出年金に関する継続教育設計のための考え方
確定拠出年金に関する継続教育設計のための考え方

これまでも厚生労働省の「確定拠出年金法」の法令解釈として「継続教育は導入企業の重い責務とされてきましたが、今回の「年金確保支援法」の成立により継続教育の義務化が明文化され、企業の加入者に対する一層の継続教育の取り組みが求められることとなりました。

 

また本法では、企業年金の拡充措置として従業員拠出(マッチング拠出)の道が開かれることとなり、制度施行後10年を経て大きな改定がもたらされることとなりました。加入者教育において考慮すべき点についても改めて考える必要があるでしょう。

 

本ペーパーでは、今後企業がどのようなことに留意して継続教育を企画し、実施していくことが望ましいのかということに焦点を当て、考えをまとめています。今後企業からのご意見や事例を反映させ、より充実したものに改定を続けていくことで、継続教育の情報の共有化につながれば幸いです。

 

確定拠出年金に関する継続教育設計のための考え方