npo401k

トップページ > その他 > 【第8回 日本DCフォーラム 協賛企業紹介】
運用会社プレゼンテーション
【第8回 日本DCフォーラム 協賛企業紹介】
運用会社プレゼンテーション

DCの制度運営や運用商品における最新動向について、DC運用商品を提供する運用会社の担当者からプレゼンテーションが行われました。

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント
計量運用部長 内山 雅浩 氏

データ革命と株式運用の未来
DCでめざす株式の「長期投資」とは? また、最近注目されている「ビッグデータ/AI(人工知能)」を活用した株式投資について、従来の株式投資とはどう違うのか等、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの内山雅浩氏が解説しました。

 

ブラックロック・ジャパン
経営企画部門副部門長 兼 商品開発部長 内藤 豊 氏

国内外で活用が進むターゲット・デート・ファンド(TDF)
退職までの期間、いつ・どんな投資をすればいいか、悩まずに投資できることから国内外で活用が進んでいる「ターゲット・デート・ファンド(TDF)」。なぜブラックロックの「LifePath®」が退職に向けた資産運用方法として最適なのか、ブラックロック・ジャパンの内藤豊氏がプレゼンテーションを行いました。

 

アセットマネジメントOne
シニアDC推進長 福井 健至 氏

DCご加入者が本当に「学びたい」「知りたい」こと…とは?
セカンド・ライフを見据えた資産形成を行うにあたり、本当に「学びたい」「知りたい」ことに対応したDCご加入者向け教育コンテンツの紹介、およびセカンド・ライフに向けたお金の不安を少しでも減らすには何をすれば良いかという視点から、アセットマネジメントOneの福井健至氏がプレゼンテーションを行いました。

 

フィデリティ投信
ヘッド オブ DCプロポジション&ソートリーダーシップ 浦田 春河 氏

米国におけるDCガバナンス~フィデリティの知見から~
確定拠出年金法が定める事業主の行動準則として、「加入者等の利益だけを考えて、行動しなければならない」というものがあります。具体的にどのようなアクションが考えられ、どう分析・発見・行動していくべきなのか。今後日本でも重要になってくるDCガバナンスについてフィデリティ投信の浦田春河氏が解説しました。

 

プラチナ協賛企業(プレゼンテーション順)